2010年5月31日月曜日

★EcoIndi100531.txt更新 (2010/05/31(月) 21:18)
EcoIndi100531.txt Updated


00-EcoIndi 用経済指標ファイルを更新。

★トレード履歴の表示(00-DispTrade_v102.mq4)解説
Displaying Trading History


00-DispTradeは トレード履歴を表示するインジケーターで、パラメータで指定された最大10トレード、 あるいは以下の形式(1行1トレード)でCSV ファイルに記録された売買履歴をチャート上に表示させることができる。
通貨ペア名, Open日時, Open値, Close日時, Close値

.

2010年5月30日日曜日

★通貨情報表示(00-ShowPips_v104.mq4)解説
Information of the Currencies


改めて00-ShowPips_v104.mq4の解説など。
00-ShowPipsは 各通貨の直近の値幅とそのスプレッドを比較し、その比率の大きい順番に並べて表示するインジケーターである。
また、Volume[]の値(=tickの動いた回数≠取引量)の表示もあり、取り引きの活性度の目安になるかも知れない。
以下の画像はODLのリアル口座の週末クローズ時の状態を表示したものである。

★インジケーター更新(3コ)
3 Updated Indicators

00-ShowPipsについて書こうかと思ったら1pip=1銭固定じゃなかったので修正。
1pip=1銭固定をするのに最近はシンボルに"JPY"が入っているかどうかでやっているんだけど、 これは多分金とか原油とかFX以外に使う場合はまぁよくないんだろうなと思いつつw
00-ShowPips_v104.mq4
通貨情報表示
00-ShowPipsは直近の値動きとスプレッドを比べ、 取り引きに有利な順番に表示するインジケーターである。
v104では1pips=1銭固定で表示するように修正を行った。
通常ドル円下3桁業者の1pipは0.1銭であるが、ドル円/クロス円では常に1pip=1銭として表示する。 同様に、例えばユーロドルなど下5桁の場合も1pip=1セントとして表示する。

★EcoIndi100531.txt更新 (2010/05/30(日) 11:06)
EcoIndi100531.txt Updated


00-EcoIndi 用経済指標ファイルを更新。

2010年5月24日月曜日

★インジケーター更新(3コ)
3 Updated Indicators

00-IndiOp_v105.mq4
2つのインジケーター間で演算を行うインジケーター。
MTFがバグっていたので修正。

2010年5月19日水曜日

★インジケーター新規作成/更新
New/Updated Indicators


平均足(Heiken_Ashi_Smoothed.mq4相当)とVQ.mq4相当のVQを作った。
どちらも元のはえらく遅かったので速度重視で作ってみた。 00-HeikenAshiはv102でデビュー(単にうp漏れ)
00-HeikinAshi_v102.mq4
平滑化平均足
Heiken_Ashi_Smoothed.mq4相当、高速化対応。

2010年5月18日火曜日

2010年5月17日月曜日

★インジケーター更新
Updated Indicators


以下の2つのインジケーターを更新した。
00-ADX_v103.mq4
ADX, Average Directional Movement Index
角度による色分け(強/弱)、アラート/メール対応追加。

2010年5月16日日曜日

★美女為替を!
Clicking Bijo-kawase


トップに持ってきた美女為替、 クリックしたらここ が出るだけだと思ってたら、本人のブログ が出てきてびっくりしたw
前から?

★MTF補間の注意点
Smoothed MTF Notes


とあるブログのMTF補間を見てからググりも しないで 00-ADX_VT/ 00-BbAngle/ 00-Envelope/ 00-IndiOp なんかのMTF(Multi Time Frame)を適当にスムース対応してみたが、ふとこの補間でいいのだろうかと考えた。
以下はADXのD1(日足)チャート。
ADX D1チャート

これをH4(4時間足)チャート上にMTF表示させると、

2010年5月13日木曜日

★テスター/ビジュアルモード上のMTFインジケーター
MTF Indicators On The Tester


さて、MetaTrader4 ではテスターのビジュアルモードを使うと、市場が休みの土日でも値動きのあるチャート上でインジケーターの 動作確認を行うことができる(テスターをビジュアルモードで動作させ、チャート上にインジケーターをドラッグ&ドロップする)が、 ここで1つ問題がある。

★EcoIndi100510.txt更新 (2010/05/13(木) 20:54)
EcoIndi100510.txt Updated


00-EcoIndi 用経済指標ファイルを更新。

★テスターでMTFインジケーターの動作確認ができない
Indicators On The Tester


テスターではMTFや他の時間足を使うインジケーターの動作確認が完全にはできない。
完全にはできない、というより、作成したインジケーターをリリースするにはちょっと困るくらいにできない。
という話を書こうかなというメモ。

2010年5月11日火曜日

★EcoIndi100510.txt更新 (2010/05/11(火) 23:34)
EcoIndi100510.txt Updated


00-EcoIndi 用経済指標ファイルを更新。

★人気のある単語
Popular Words in FX


ちょっと人気のある単語を調べてみた。
(重複した単語があったので削除、144→131単語) (2010/5/12)
    順位単語評価
    1fx19125.0
    2登録9939.0
    3取引7503.0
    4為替6551.0
    5設定5650.0
    6金利5041.0
    7外為4916.0
    8ドル3880.0
    9ドメイン3440.0
    10トレード3002.0

2010年5月10日月曜日

★EcoIndi100510.txt更新
EcoIndi100510.txt Updated


00-EcoIndi 用経済指標ファイルを更新した。
中国指標の国名はとりあえず分かりやすいように「中国」とした。

★最近更新したインジケーター
Recently Updated Indicators

最近バージョンアップ(修正/改良/更新)したインジケーターのリスト。
00-CurMark_v102.mq4
現在値、直近のHi/Lo値と値幅の表示。
値幅(PIPS)の表示を追加した。

2010年5月7日金曜日

★チャート上の矢印
Arrows On The Chart


さて、メタトレーダー4(MetaTrader 4) では インジケーターやスクリプトでチャート上に矢印を描くことができるが、 矢印を描くには以下の2つの方法がある。
インジケーターバッファを使う方法
バッファのスタイルをDRAW_ARROWに設定し、SetIndexArrow()で矢印の番号を指定する方法で、
矢印を表示するのは簡単だが、1種類の矢印あたり8コしか利用できないバッファのうちの1つを使って しまう。また、バッファを使うため、同じ時間(縦位置)上には(バッファ 1つあたり)1つの矢印しか表示できず、色も1色、サイズも1種類しか使えない。 また、最新の足より右側に表示したい場合にはSetIndexShift() を使う必要がある。
オブジェクトを使う方法
CreateObject() で矢印オブジェクトを作成し、OBJPROP_ARROWCODE でその番号を指定する方法で、
いくつでも好きな場所に好きな矢印を表示させることができる。 しかし、ObjectCreate()/ObjectSet() などのAPIで制御する必要がある ため、上記のバッファを使う方法よりは難しい。
また、インジケーター終了時に正しくObjectDelete() しないと矢印が残ってしまう。
ところで、この2つの方法で表示できる矢印の種類は微妙に異なるのはご存知だろうか。
以下は矢印オブジェクトとして作成した場合に表示できる矢印の一覧である。
これに対し、

2010年5月6日木曜日

★C++と似ているところ、Cと違うところ
Be Carefull, Llike C++ Not Like C


MQL4(MetaQuotes Language 4)はC/C++ライクな言語となっているが微妙/結構違うところもある。
ここではC++と似ているところ、Cと似てないところ/気をつけなければいけないところを あげてみたいと思う。

★タイムフレーム指定を簡単に
Specifying Timeframe Simply


メタトレーダー4(MT4)ではタイムフレームとして取りうる値は通常以下の10通りである。
MTF(Multi TimeFrame)インジケーターなど、パラメーターでタイムフレームを指定するものの場合、 5分や15分、せいぜい4時間までは数値での指定でも問題ないと思うが、日足や週足を指定したいとなると ちょっと大変である...
    コード上(定数) タイムフレーム 値(分)
    0 チャートと同じ 0
    PERIOD_M1 1分 1
    PERIOD_M5 5分 5
    PERIOD_M15 15分 15
    PERIOD_M30 30分 30
    PERIOD_H1 1時間 60
    PERIOD_H4 4時間 240
    PERIOD_D1 1日 1440
    PERIOD_W1 1週間 10080
    PERIOD_MN1 1ヵ月 43200

★00-EcoIndi: 経済指標表示インジケーター
00-EcoIndi: Economic Indicator Display


(00-EcoIndi用の指標ファイル(EcoIndiYYMMDD.txt)の最新版はこちら)

00-EcoIndiは経済指標をチャート上に表示するインジケーターで、最新版はここにあるv104 (00-EcoIndi_v104.mq4) である。
実行イメージは以下の通り。


2010年5月5日水曜日

★MQL4リファレンスページ
Index for MQL4 Reference pages


インジケーターを作る時にいつも使ってるMQL4のリファレンスページ(本家)へのリンク集を Bloggerの「ページ」に まとめなおしてみた。

2010年5月4日火曜日

★IE8だと…
Browsing by IE8


IE8だとトップページの最初の記事がなぜか消えてしまう...
FireFoxだと問題ないのになぁ。ということでテストエントリ。
「インターネット」のセキュリティを「高」にすると 問題ない。アドセンスのせいかなぁ。

★Bloggerコメント機能
Blogger comment enabled


Bloggerのデフォルトにしてたらコメント機能に制限が入ってたのね。
ということで、匿名許可+確認用文字入力に変更。
試してみると確認用文字入力画面(CAPTCHAというやつね)が出 てこないような。
と、思ったらBloggerログアウトして試してみたら出てきたのでOKOK。

2010年5月3日月曜日

★美女為替を
Bijo-kawase


美女為替をトップにもってきてみた。
一目雲抜けとかゴールデンクロスなんかのシグナルも出るようだが、更 新周期とかシグナルのリストとかの情報もあるといいのになと。

★インジケーター解説: 00-LineMan_v103.mq4
Indicator Description: 00-LineMan_v103.mq4


ここでは00-LineMan_v103.mq4 の技術的な解説をメインに行おうと思う。

2010年5月2日日曜日

★よく使うホットキー
Favorite Hot Keys


MT4ではナビゲーターやターミナルなどのウィンドウの出し消しや、チャート上の期 間区切りやグリッド線の表示のON/OFFをホットキーを使って行うことができる。
よく使っているホットキーは、

★ファーストナビゲーション
Fast Navigation


MT4を使うなら以下のヘルプを読んでおくとちょっと幸せになれるかな。
F1→目次(C)→User Interface→Fast Navigation

特定の通貨/日時のチャートを出すには、Fast Navigationという機能 が使えるが案外これを知らないMT4ユーザーは多いのかもしれないということで、

★気分一新
Refreshment


インジケーターやEAを作っててなんか動きが変だなぁと思ったとき。
そんな時は以下のファイルを消すとうまくいく...時もある。

★間違ってチャートを閉じてしまった...
Wrongly Closed Chart Windows


あ、せっかくチマチマ設定してたのにCtrl-W押しちゃった...

2010年5月1日土曜日

★MQL4の落とし穴 ‐ キャスト
MQL4 Trap: Casting Trap


さて、以下のコードをメタトレーダー4(MT4)で実行すると結果はどうなるだろうか。

★MQL4の落とし穴 ‐ 演算子の優先順位
MQL4 Trap: Precedence Rules


MQL4(MetaQuotes Language 4)にはC/C++に馴れてるとついつい嵌っててしまう落とし穴がいくつか存在する。

★とりあえず
for the time beginning...


ブログなう。